<< ええ、私、ブスでした。 | main | 美肌の秘訣-その1 >>
ちょっと回顧録
10代は早く大人になりたかった。
大人になったら自分自身の人生を生きられると思った。

20代は一人前になりたかった。
自分に何ができるかは未知数だったけど、
何にでもなれる可能性だけは無限にあった。

20代でやったこと。
大学生。自費出版物の編集。ダンサー。学生演劇。
銀座のミニクラブのチーママ。
モータースポーツ中心の企画。
DTP。WEB製作。報告書製作の代行。
広告代理店のイベント管理。
コンピューター関連企業のコンベンション事務局。

同業他社の女性陣に「辞めないでね」ってよく言われてた。
それくらいきつい仕事だったから。

この頃はとにかく実年齢より年上に見えるように頑張ってたなあ。
イベント制作はずっと事務局の責任者だったので、
若く見えるのは絶対に損。
若い女なんて許されないのだ。
服装もバリキャリ。
自信がなくてもハッタリかまして。

煙草なんて吸わないのに、どこに行っても灰皿出されていた。
咥え煙草でキーボード叩いているイメージだったんだって。

できることはなんだってやった。
ほんとに寝なかった。休みなんてなくてもよかった。
仕事だけど毎日が合宿みたいな日々。
苦しいけど楽しかったんだなあ。

この頃に身に付けた技術は今でも役に立っている。
経験して無駄になるものなんて何もない。


それでも、ちょっとでも時間があったら小唄のお稽古に行った。
歌舞伎を観に行った。
桐箪笥の中身だけは増えた。

社会人になって10年経った30代。
ふと、ほんとにやりたいことはなんだったっけと思った。


好きなものはなんだったろう。
やっぱり着物。歌舞伎。

こんなに寝ないで仕事するなら、
こんなに仕事を頑張るんなら、
ほんとに好きなことをしたらいいんじゃない?

で、呉服屋を始めた。
呉服屋といっても企業コーディーネーターのようなもの。
小さな染屋さんや小さな機屋さんの商品を
小売店さんに紹介して。
小売店さんにはお客様をつくる方法をアドバイスして。
広告作って。
イベント主催して。
きもの雑誌によく取材してもらったのも、この頃。
きものサロン

ところがここで、ちょっとけつまづく。

あまりに人間関係が面倒になったので(笑)
お寺で隠遁生活を送ること1年。
八王子のお寺さんで1年間のんびり庶務などさせてもらって。
今までで一番のんびりした一年間だったかもしれない。

不惑の40歳。
そろそろ呉服に復帰しようとお寺さんから引いた。
にも関わらず、神楽坂のワイン輸入会社に入ることになり。
そこのワインバーに立つことになり。
あっという間の2年間。

そして、芸者。

いつでも力になってくれる友人がいて。
力を貸してくれる仕事仲間がいて。
たくさんの方がたくさんのご縁を繋いでくれて。
迷惑もいっぱいかけて。
今の自分がいる。

感謝することばかり。

人生って面白い!
| これまでのこと | 23:09 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

PROFILE

SEARCH

MOBILE

qrcode