<< 役に立つかな。 | main | 褒めてもらおうよ >>
美肌の秘訣-その2
美肌の敵は「紫外線」と「喫煙」。

ほかにもストレスとか化粧品とか、いろいろあるかもしれませんが
すべての方に共通する「美肌の敵」は紫外線と喫煙です。

今日は紫外線のことについて。

私は色白の部類です。
妹は色白ピンク系ですが、私は色白ちょっとオークル系。

実は自分ではあまり色白だとは思っていないのですが、
周りの方がそうおっしゃってくださるので。

そう。
実は比べるとそんなに色白じゃないんです。
色白に見えるの。

それは日焼けしていないから。
もともとの肌色に関わらず日焼けしているかしていないかで印象が違うのです。

あ、色白の話じゃなかった。

紫外線が肌に悪影響を及ぼすのはみなさんご存じだと思います。
紫外線を浴びすぎると、ただ肌が日焼けするだけでなく、肌のしみ、しわ、肌荒れの原因となります。

ネット上にたくさんの情報が載っているので、詳しくはそちらをどうぞ。
「紫外線」「肌」のキーワードで検索してみてください。

私が美肌を保っているのはきちんと日焼け対策をしているからだと思います。

当たり前のことですが、対策は日焼け止めを塗ること。
これに尽きます。


外出するときはもちろん、室内でも日に当たる場所にいることを考えて
お化粧よりも先に日焼け止めを塗ります。
お化粧はしなくても日焼け止めです。

私は肌にやさしいものを使っていますが、
効果のあるものなら何でもかまわないと思います。
塗らないより塗った方がいい。

うっかり日焼けが一番怖い。
とにかく日焼けはしてはいけません。

そしてサングラス

私の必須アイテムです。
日傘よりサングラス。

これは日焼けというよりメラニン色素の生成を防ぐためです。
目が紫外線を浴びると脳に刺激がいき、
肌には紫外線があたっていなくてもメラニン色素が生成されてしまうのです。

本来は体を守るために生成されるメラニン色素ですが、
美肌のためには作られない方がよいのですから。

私が若いころ(笑)日焼けサロンが流行っていたことがあります。
小麦色の健康的な肌。
焼けていた方が引き締まって痩せて見える。

その頃、真っ黒に焼いていた方たちはどうなってしまったのか…。
若いうちは大丈夫なのです。
年齢を重ねてからが影響が大きいのです。

私は小さい時から肌が弱かったので、とにかく日焼けできませんでした。
小学校のプールでもできる限り日陰に隠れてました。
何しろ日焼けすると熱が出て、たいへんなことになってしまうので。

眼も視力はよいけど強い光に弱かったので、
日向ではサングラスをしていました。
学校ではしませんでしたけど。

だからもちろん小麦色の肌が流行っていても、
流行遅れと言われても「色白は七難隠す」で押し通しました。

それが今となってはよかったのだと思います。

うちの母も美肌ですが、
その紫外線対策といったら徹底しています。
実家は農家ですからほおっておくと紫外線にさらされます。
ですから、いつも完全防御で農作業に出ています。

母娘、代々の紫外線対策なんですね。(笑)

母の紫外線対策は確か彼女が40代になってから始めたのだと思います。
それでも美肌を保っていますから大丈夫。

今からでも遅くはありません。
紫外線対策を怠りなく!
| 美肌 | 22:56 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

PROFILE

SEARCH

MOBILE

qrcode